バランサーで性能試験【精密機器の凄さを徹底解明】

男性

試験片を引っ張る

工場

一般の人は引張試験がどのようなものなのかということを知りません。しかし、工業に関しての学校を出た人なら、この引張試験がどういうものなのかを知っています。それほど有名になっている試験です。この試験では耐久性を確認します。

強度を測る

作業員

製造する前にとても重要な試験

自動車や飛行機などを製造するにはもちろん材料となる素材が必要になります。その素材のの強度を調べる為に試験をしなければいけません。そしてその試験は材料試験と呼ばれています。材料試験をすには試験片という物が必要になります。これは試験用に定められた形や重さに加工された物質の事です。試験片を加工するには高度な技術が必要となります。そして素材の硬さや性質にによって加工方法を変えなければいけません。方向を変えたり、ゆっくりまたは速く切断したりさまざまなやり方で加工していきます。またゆっくり切断した方が良い場合速く切断した方が良い場合なども考えて行われます。現在では放電を利用した加工方法や切削、研削を利用した加工方法などで制作されています。

熟練した技術と最新の技術

試験片制作は大手の試験場や試験受託会社などに依頼して造ってもらう場合が多いです。大手の試験場では最新の技術を駆使して正確な加工が出来ます。また試験片制作を得意として専門に扱っている会社もあります。専門の加工会社ですと一般の受託会社に比べて迅速に制作してもらう事が可能です。そしてここには熟練の技を持った技術者がいます。試験片の種類は引張試験片、疲労試験片、衝撃試験片などいろいろあります。試験片は加工する際、熱やその他の原因により、変形したり変質する事があります。これでは正しく試験を行う事が出来ません。その為に試験に影響が出ない為の工夫が取り入れられて来ています。正確な大きさや形に加工することはもちろん、表面の滑らかさなども計算され加工が施されます。試験などを行なう際にはバランサーやスペクトラムアナライザの様な精密機械を使用して計測する場合もあります。

ロードセルが利用される場面

機械

ロードセルとは、重量など外部から加わる力を感知し、これを力の大きさに比例した電圧や圧力に変換し、電子信号として送ることで数値化するのに役立てるセンサーとして利用されています。

重さを調べる

工場

ロードセルというものはひとつの重さをはかる道具です。普通の家庭にある体重計と同じような感じです。 しかし、家などで見かけることはなく工場などで見かける事の方が多いでしょう。