バランサーで性能試験【精密機器の凄さを徹底解明】

男女

ロードセルが利用される場面

機械

ロードセルの用途や役割

ロードセルは重量を量る際に使用される道具などに使用されています。日常生活で目にするものには体重計や電子秤などにロードセルが利用されています。産業的なはかりや試験機、流量計といった日ごろ目にすることのない機器にも用いられており、様々な場面で活躍しています。物理的な力を素早く電子的な数値にして表してくれるロードセルは、産業社会において品質向上や製造増加を考える際に、膨大なデータを一括して集計できるといった情報収集において優れた能力を発揮してくれます。また、その他のセンサーと比べて長持ちする特徴もあるので、より経済的な一面も魅力の一つです。

種類や構造における違い

ロードセルは大きく4つの種類に分けることができます。一般的な台はかりに用いられるのは、計量皿の中心部に設置される「ビーム型ロードセル」です。産業用の場合、ビーム型に加えて「コラム型ロードセル」と呼ばれるものが多く使われます。産業用の場合、数本用いる場合がありますが、全てのセンサーに均一な力がかかるような工夫が必要になります。また、引張力を調べるのに用いる「S字型ロードセル」、精度は低いものの高さを低く保てる「ダイヤフラム式ロードセル」が見られます。ロードセルの原理として多く見られるのはひずみゲージによるものです。力が加わることでロードセルが変形すると、ひずみゲージも変形します。その変形度合いによって電圧抵抗に変化が生じ、数値化することが可能になるのです。